【学会発表】新見主任研究員が東京で論文発表を行いました

東京で開催された第15回パネル調査・カンファレンスに、新見陽子主任研究員が参加し、研究発表を行いました。

第15回パネル調査・カンファレンス

日時:2015年12月24日(木) 13:30~16:55
会場: ホテルグランドヒル市ヶ谷2F 白樺西
主催: 公益財団法人 家計経済研究所
WEB: http://www.kakeiken.or.jp/jp/jpsc/conference/index.html

発表論文:

“Do losses bite more than gains? Evidence from a panel quantile regression analysis of subjective well-being in Japan”

※論文は以下のサイトからダウンロードできます。
http://www.agi.or.jp/workingpapers/WP2015-18.pdf

 

更新日:2015年12月25日
カテゴリ:研究交流  AGIニュース

これまでの一覧に戻る

ページ先頭へ

当研究所の最新情報やお知らせをタイムリーにお届けします。

2019年6月25日
当研究所では所員の研究発表や情報交換のための所員研究会を開催しております。 研究者向けの研究会ですが、一般の参...

続きを読む