ホリオカ主席研究員と新見主任研究員が仙台で論文発表を行いました

ホリオカ主席研究員と新見主任研究員が東北大学大学院経済学研究科高齢経済社会研究センター主催の研究会に出席し論文発表を行いました。

高齢社会と社会保障・家族の役割に関する研究会

日時:2016年2月5日(金)~6日(土)
会場:東北大学大学院経済学研究科(川内キャンパス)
主催:東北大学大学院経済学研究科高齢経済社会研究センター

発表論文

ホリオカ主席研究員
“The Impact of Pre-marital Sex Ratios on Household Saving in India and Korea: The Competitive Saving Motive Revisited”

新見主任研究員
“The “Costs” of Informal Care: An Analysis of the Impact of Elderly Care on Caregivers’ Subjective Well-being in Japan”

※論文は以下のサイトからダウンロードできます
http://www.agi.or.jp/workingpapers/WP2015-17.pdf

 

更新日:2016年2月6日
カテゴリ:研究交流  AGIニュース

これまでの一覧に戻る

ページ先頭へ

当研究所の最新情報やお知らせをタイムリーにお届けします。

2019年10月15日
当研究所では所員の研究発表や情報交換のための所員研究会を開催しております。 研究者向けの研究会ですが、一般の参...

続きを読む