7/10(火)所員研究会(第2部)を開催いたします

当研究所では所員の研究発表や情報交換のための所員研究会を開催しております。
研究者向けの研究会ですが、一般の参加もできますので、興味のある方は是非お越しください。

日時

2018年7月10日(火)14:00~17:15
= 第2部 (15:45~17:15)=
第1部の詳細・お申込みはこちらから

場所

アジア成長研究所 6階 会議室
(北九州市小倉北区大手町11-4 北九州市大手町ビル「ムーブ」6階)

参加料

無料

使用言語

発表、資料ともに日本語

発表者・テーマ・要旨

発表者:田代智治 AGI協力研究員

テーマ: 「地方都市における公的賃貸住宅の現状とストック活用にむけて」

概要:戦後の住宅難にともない国策(住宅金融公庫法・公営住宅法・日本住宅公団法を背景)によって公的賃貸住宅制度が進められ、その住宅戸数の半数以上は昭和40年代~60年代初期に建設されているが、現在それら公的賃貸住宅ストックの維持管理は地方自治体や都市再生機構(UR)まかせとなっている。昭和40年代以降大量供給された公的賃貸住宅ストックの多くは老朽化、また国民生活と経済状況の変化にともなって公的賃貸住宅に求められる役割も変化していることからも、現在ではそれらストックの再生と利活用が希求されている。これまで国土交通省をはじめ都市再生機構(UR)などによって度々ストック活用議論が進められるものの、地方都市では必ずしも地域住民のニーズが反映された具体的取組が十分に行われているとは言い難い。
本報告では地方都市、北九州における都市再生機構(UR)の公的賃貸住宅・団地を対象とした現状調査結果を報告する。また、地域に求められる街づくりやコミュニティ形成といった視点からも、都市再生機構(UR)のなかで事業を営む民間事業者の先駆的取組などを紹介し、今後の公的賃貸住宅のあり方を検討する。

7/10(火)所員研究会(第2部)チラシ [PDFファイル]

 

更新日:2018年6月20日
カテゴリ:セミナー  AGIニュース

これまでの一覧に戻る

ページ先頭へ

当研究所の最新情報やお知らせをタイムリーにお届けします。

2018年9月11日
当研究所では所員の研究発表や情報交換のための所員研究会を開催しております。 研究者向けの研究会ですが、一般の参...

続きを読む