2022.11.29(火)第45回AGI成長戦略フォーラム「ウクライナ戦争とEU・ドイツ」をオンラインで開催します【終了しました】

 当研究所では、各分野の著名な講師を招いて、国際社会の経済や産業情報、広く北九州地域の発展に寄与する情報及び経済成長を促すための各国の先進事例の紹介等をテーマに、市民の皆様にご参加いただける「AGI成長戦略フォーラム」を開催しています。
 “激動するウクライナ”を背景に日本経済を読み解く!緊急シリーズの最終回です。
※詳細は以下をご参照ください。

日時

令和4年11月29日(火)15:00~16:00

演題

「ウクライナ戦争とEU・ドイツ」

講師

東北大学 名誉教授
元日本国際経済学会会長
講師 田中 素香 氏

使用言語

日本語

お申込み

メールにて、氏名・所属・電話番号をoffice@agi.or.jpへ送信してください。
前日当日午前中までにご参加用URLをメールでお送りします)

お申込み締切

11/25(金)までにメール必着。延長しました。
11/28(月)までにメール必着。

参加料

無料

講演概要

 ロシアのウクライナ侵攻(ウクライナ戦争)は半年を過ぎ、ウクライナの東部と南部で両国軍の攻防が続き、世界規模で情勢は動いています。世界の対応は、厳しい制裁の民主主義国、中立のインドなど新興国、親ロシアの中国などと、三様に分かれました。
 この戦争に直接に対面するEU(欧州連合。27加盟国)とその中核国ドイツはこの戦争にどう対応し、どのような災厄をこうむっているのか、また将来をどう展望しているのか、について考えます。
◆主催:公益財団法人 アジア成長研究所
◆共催:北九州市・北九州商工会議所
◆後援:一般社団法人 西日本工業倶楽部

チラシ

第45回フォーラムちらし[PDFファイル]

オンラインで視聴参加するために(お願い)

アプリをあらかじめダウンロードしていただく方法(1)と、
アプリのダウンロード無しでブラウザからご参加いただく方法(2)がございます。
いずれかの方法を選択して実施してください。
※スマートフォンでのご視聴は(1)のみ可能です。

(1)アプリをダウンロードして参加
①オンライン配信アプリの「ZOOM」(無料)をお手持ちのPC,またはスマートフォンにダウンロードしてください。
ダウンロード方法はこちら

【ダウンロード】をクリックでパソコンにダウンロードができます。

zoom_dl_image01

こちらからもダウンロード可能です。
・iPhoneやiPadの場合
» ZOOMアプリダウンロード

・androidの場合
» ZOOMアプリダウンロード

②開催前日までにAGIより参加用URLを、お申込みいただいたアドレスへメールでお送りします。

③開始15分前~開始時間の間に②のURLをクリックして開いてください。⇒『待機室』にてお待ちいただきます。

④開始時刻になりましたら、こちらから一括入室を操作し講演をご視聴いただきます。

⑤終盤は質疑応答時間の予定です。ご質問のある方は挙手またはミュート(消音)を解除して直接お話しください。※チャットで送っていただいても結構です。

(2)アプリをダウンロードせずに、ブラウザから参加(PCのみ)

①開催前日までにAGIより参加用URLを、お申込みいただいたアドレスへメールでお送りします。

②開始15分前~開始時間の間に①のURLをクリックして開いてください。

③画面下部の『ブラウザから参加』(表示されていない場合は、『ここをクリック』)をクリックしてください。⇒『待機室』にてお待ちいただきます。

zoom_dl_image02

④開始時刻になりましたら、こちらから一括入室を操作し講演をご視聴いただきます。

⑤終盤は質疑応答時間の予定です。ご質問のある方は挙手またはミュート(消音)を解除して直接お話しください。※チャットで送っていただいても結構です。

【ご注意】

◇ 聴講者の皆さまの音声はミュート(消音)にいたしませんので、講演中はご自身でミュート(消音)設定にしていただきますようお願いいたします。なお後半の質疑応答の際にはミュート解除をお願いいたします。
◇ ご自身の音声(マイク)および画像(ビデオ)をあらかじめオフに設定したい場合は、画面左下のカメラマーク・マイクマークに斜線が入るようにクリックしてください。
◇ ご利用になるPCやWi-Fi電波状況により、ご視聴が出来ないもしくは途中で途絶えたりすることがあるかもしれませんが、個別の対応は出来兼ねますのでご了承ください。

 

更新日:2022年10月27日
カテゴリ:セミナー

これまでの一覧に戻る

ページ先頭へ

当研究所の最新情報やお知らせをタイムリーにお届けします。

2022年12月01日
 アジア成長研究所では、研究成果の検索情報がより広く研究者にアクセスされるための仕組み作りと、サイト訪問者が欲...

続きを読む