競争的資金獲得状況

過去5年間の競争的資金獲得状況についてお知らせします。

科学研究費助成事業

「 Export registration in the automobile industry: Effects on manufacturer-intermediary match efficiency 」
若手研究 令和元年度~令和3年度

研究課題番号
19K13711
代表研究者
孫 暁男

「70年代の大都市への人口流入減少の要因としての高卒人口減少と再分配政策の定量分析」
基盤研究(B) 令和元年度~令和3年度

研究課題番号
19H01495
代表研究者
八田 達夫

「世代間移転と社会経済的地位・格差の継承に関する実証分析」
基盤研究(B) 平成30年度~令和4年度

研究課題番号
18H00870
代表研究者
チャールズ・ユウジ・ホリオカ

※当研究所での事業実施は平成30年度

「 Multifaceted favoritism from longitudinal view 」
若手研究 平成30年度~令和3年度

研究課題番号
18K12784
代表研究者
ヴ マン・ティエン

「アジア(主に台湾・中国)と日本における半導体産業の新展開:競争戦略と能力構築」
基盤研究(C) 平成29年度~令和元年度

研究課題番号
17K03986
代表研究者
岸本 千佳司

「中国人観光客の旅行行動と影響要因」
基盤研究(C) 平成28年度~平成30年度

研究課題番号
16K03689
代表研究者
戴 二彪

「日本の社会政策の成功と失敗:アジアは何を学べるか」
基盤研究(A) 平成27年度~平成29年度

研究課題番号
15H01950
代表研究者
チャールズ・ユウジ・ホリオカ

「アジア新興各国の経済成長を可能にした規制・制度:日本への教訓」
基盤研究(B) 平成26年度~平成28年度

研究課題番号
26285062
代表研究者
八田達夫

「アジア域内における自治体排出権取引制度のリンクがもたらす効果について」
基盤研究(C)平成25年度~平成27年度

研究課題番号
25340155
代表研究者
今井健一

「中国から海外への投資移民ブームの発生メカニズムとその経済影響」
基盤研究(C)平成24年度~平成26年度

研究課題番号
24530338
代表研究者
戴 二彪

「震災後の水産業復興政策の経済分析」
基盤研究(C) 平成24年度~平成26年度

研究課題番号
24580317
代表研究者
小松正之

※当研究所での事業実施は平成25年度~26年度

「親子の経済関係と社会規範・制度が親子の行動に与える影響に関する国際比較研究」
基盤研究(B) 平成22年度~平成26年度

研究課題番号
22330083
代表研究者
チャールズ・ユウジ・ホリオカ

※当研究所での事業実施は平成25年度~平成26年度

 

その他

 

▲ページ先頭へ

当研究所の最新情報やお知らせをタイムリーにお届けします。

2019年7月30日
当研究所では、各分野の著名な講師を招いて、国際社会の経済や産業情報、広く北九州地域の発展に寄与する情報及び経済...

続きを読む