セミナー・研究会

成長戦略フォーラム

3/17(金)第24回成長戦略フォーラムを開催いたします
    ※※このフォーラムは終了いたしました※※ 当研究所では、各分野の著名な講師を招いて、国際社会の経済や産業情報、広く北九州地域の発展に寄与する情報及び経済成長を促すための各国の先進事例の紹介等をテーマに、一般市民向けに「成長戦略フォーラム」を開催しています。 第24回成長戦略フォーラムでは、3月16日(木)で開港11周年を迎える北九州エアターミナル株式会社代表取締役社長 片山 憲一 氏に「インバウンド政策と北九州空港の未来」と題しご講演頂きます。 皆様のご参加をお待ちしております。 日時 平成29年3月17日(金)15:30~17:00 会場 小倉リーセントホテル 1階 ガーデンホール (北九州市小倉北区大門1-1-17)  講師 北九州エアターミナル株式会社 代表取締役社長 片山 憲一 氏 演題 「インバウンド政策と北九州空港の未来」 概要 人口減少......

    [記事全文を表示]

一覧を表示する

AGIセミナー

4/21(金)AGIセミナーを開催いたします
    当研究所では、アジア研究に携わる研究者を招聘し、AGIセミナーを開催しております。 皆様のご参加をお待ちしております。 日 時 2017年4月21日(金)15:00~17:00 場所 北九州市大手町ビル6階 アジア成長研究所 会議室 参加料 無料 使用言語 資料・発表 ともに英語 発表者・講演内容 Linus Yamane, Professor, Department of Economics, Pitzer College, Claremont, California, USA "Biracial Asian and White: Demographic and Labor Market Status" Abstract:Do biracial Asian/White Americans occupy a space between Asian Am......

    [記事全文を表示]

一覧を表示する

所員研究会

2/14(火)AGIセミナーを開催いたします(所員研究会同時開催)
    ※※このセミナーは終了いたしました※※ 当研究所では、アジア研究に携わる研究者を招聘し、AGIセミナーを開催しております。 今回は、中国社会科学院財経戦略研究院より講師をお招きしております。皆様のご参加をお待ちしております。 日 時 2017年2月14日(火)14:00~17:00 場所 北九州市大手町ビル6階 アジア成長研究所 会議室 参加料 無料 使用言語 資料・発表 ともに日本語 発表者・講演内容 14:00-15:30 姜 雪梅 中国社会科学院財経戦略研究院 主任研究員 「中国の都市運営体制の形成と原因」 概要:本研究は中国の土地財政の発生原因を分析する。土地財政の発展進化は都市化資金、住宅政策改革、地方公共投資建設と公共サービス供給などの都市運営体制と緊密な関わりを持つ。土地財政はある程度経済発展を刺激したものの、地方政府の経済、社会発展の持続不可能......

    [記事全文を表示]

一覧を表示する

信頼性科学ワークショップ

    表示するエントリーはありません。

一覧を表示する

その他セミナー

8/18(木)AGI科研費研究セミナーを開催いたします
    ※※このセミナーは終了いたしました※※ 平成28(2016)年度 AGI科研費研究(代表:八田達夫) 韓国港湾政策部門研究セミナー開催について 1.セミナーのテーマ:  「韓国釜山港発展の原動力を探る~経営側と労務側の協調~」 2.セミナー開催の趣旨: 昨年2015年8月5日に開かれた日韓港湾政策関連セミナーに引き続き、第2回目のAGI科研費研究セミナーを開催いたします。今回のテーマは、「韓国釜山港発展の原動力を探る~経営側と労務側の協調~」でございます。 韓国釜山港は、コンテナ貨物取扱量世界6位の港湾として発展しており(2014年港湾統計基準)、名実ともに北東アジア国際港湾物流ハブ港として機能しております。このような釜山港発展の背景には、国益のためなら最大限に協力するという国を挙げた港湾政労使の協調があると考えております(AGIの分析結果)。例えば2004年には、港......

    [記事全文を表示]

一覧を表示する

アジア講座

※アジア講座はH26年1月より『ICSEAD成長戦略フォーラム』になりました。

一覧を表示する

アジア発展会議

アジア発展会議
    ​1980年代後半のNIEsやASEAN諸国の高成長に見られるように、アジア経済は世界のどの地域よりも高い成長を維持してきた。1997年に通貨・金融危機に見舞われ、その成長にブレーキがかかったものの、V字型回復により、再び世界の成長センターとしての存在感を高めており、21世紀は「アジアの時代」ともいわれている。 しかしながら、その発展の影には、環境や資源、飢餓と貧困、開発と女性、人口問題など一国の枠内や国家を中心とした観点からでは解決することが困難な多くの地球規模の課題を抱えていることも事実である。 本会議は、こうした地球規模の課題について、アジア地域の先駆的な研究・高等教育機関を代表する研究者並びに国際機関・自治体・NGO関係者などが集い、課題解決に向けた討議を通じて政策提言を行うことにより、アジア地域ひいては世界の均衡ある発展に資するものである。......

    [記事全文を表示]

一覧を表示する

ページ先頭へ

当研究所の最新情報やお知らせをタイムリーにお届けします。

2017年3月11日
ホリオカ副所長と新見主任研究員がフィリピン大学(経済学部)にてセミナーを行いました。 Seminar at t...

続きを読む