セミナー・研究会

成長戦略フォーラム

6/19(火)第30回成長戦略フォーラムを開催いたします
    当研究所では、各分野の著名な講師を招いて、国際社会の経済や産業情報、広く北九州地域の発展に寄与する情報及び経済成長を促すための各国の先進事例の紹介等をテーマに、一般市民向けに「成長戦略フォーラム」を開催しています。 第30回成長戦略フォーラムでは、九州大学大学院経済学府客員教授・タマサット大学経済学部客員教授 エリック・D・ラムステッター氏による「アジアにおける多国籍企業と貿易:台頭する保護主義の影響」と題し、 今後の輸入制限と多国籍企業による国際貿易のシナリオについてお話し頂きます。皆様のご参加をお待ちしております。 日時 平成30年6月19日(火)15:30~17:00 会場 リーセントホテル小倉 2階 「玄海の間」 (北九州市小倉北区大門1丁目1-17)  講師 アジア成長研究所 エリック・D・ラムステッター教授 九州大学大学院経済学府客員教授 タマ......

    [記事全文を表示]

一覧を表示する

AGIセミナー

6月30日(土)、中国経済経営学会2018年春季研究集会がAGIで開催されます
    中国経済経営学会2018年度春季研究集会 日 時 2018年6月30日(土)12:30~16:30 会場 福岡県北九州市小倉北区大手町11-4 北九州市大手町ビル(ムーブ) (公益財団法人)アジア成長研究所5階会議室、6階会議室 会場アクセス:http://www.agi.or.jp/about/access/ 詳細 詳細PDF:http://www.jacem.org/pdf/event/2018spring_program.pdf ■ 理事会(アジア成長研究所内会議室) 11:30~12:20 ■ 午後 第1会場(5階会議室)12:30~16:30 第2会場(6階会議室)12:30~15:50 ■ 懇親会 17:00~ 詳細は別途案内(参加費は正会員4000円、減額会員3000円) ■ 研究集会実行委員会:委員長(戴二彪・アジア成長研究所......

    [記事全文を表示]

一覧を表示する

所員研究会

7/10(火)所員研究会(第1部)を開催いたします
    当研究所では所員の研究発表や情報交換のための所員研究会を開催しております。 研究者向けの研究会ですが、一般の参加もできますので、興味のある方は是非お越しください。 日時 2018年7月10日(火)14:00~17:15 = 第1部 (14:00~15:30)= ※第2部の詳細・お申込みはこちらから 場所 アジア成長研究所 6階 会議室 (北九州市小倉北区大手町11-4 北九州市大手町ビル「ムーブ」6階) 参加料 無料 使用言語 発表、資料ともに日本語 発表者・テーマ・要旨 発表者:岸本千佳司 AGI准教授 テーマ:「シリコンバレーにおけるベンチャー・エコシステムの発展:「システム」としての包括的理解を目指して」 概要:本研究は、米国シリコンバレーのベンチャー企業やビジネスモデルおよびそれを支える各種アクターを、相互に関連し支え合う「エコシステム」......

    [記事全文を表示]

一覧を表示する

信頼性科学ワークショップ

    表示するエントリーはありません。

一覧を表示する

その他セミナー

11/14(火)~15(水)『アジアにおける人的資本投資・世代間移転』に関する国際会議を開催いたします
    ※※この学会は終了いたしました※※ アジア成長研究所は、昨年度に引き続き、アジア開発銀行研究所(ADBI)と共催で「アジアにおける人的資本投資・世代間移転」に関する国際会議を開催します。 この会議には、教育経済学に関する世界的権威で、アジア開発銀行元チーフ・エコノミストのジョンワー・リー氏をはじめ、米国、ドイツ、韓国、中国、インド、ベトナムなど世界各国の著名な専門家、研究者、政策担当者ら約40人が参加。2日間にわたってアジア各国における教育投資・世代間移転の現状と格差との関連などについて議論する予定です。なお、本国際会議は、平成27年度より3年間にわたり獲得した科学研究費「日本の社会政策の成功と失敗:アジアは何を学べるか」と題する研究プロジェクトの一環として開催します。 日時 平成29年11月14日(火)~15日(水) 【1日目】平成29年11月14日(火) 9時30分~18時 ......

    [記事全文を表示]

一覧を表示する

アジア講座

※アジア講座はH26年1月より『ICSEAD成長戦略フォーラム』になりました。

一覧を表示する

アジア発展会議

アジア発展会議
    ​1980年代後半のNIEsやASEAN諸国の高成長に見られるように、アジア経済は世界のどの地域よりも高い成長を維持してきた。1997年に通貨・金融危機に見舞われ、その成長にブレーキがかかったものの、V字型回復により、再び世界の成長センターとしての存在感を高めており、21世紀は「アジアの時代」ともいわれている。 しかしながら、その発展の影には、環境や資源、飢餓と貧困、開発と女性、人口問題など一国の枠内や国家を中心とした観点からでは解決することが困難な多くの地球規模の課題を抱えていることも事実である。 本会議は、こうした地球規模の課題について、アジア地域の先駆的な研究・高等教育機関を代表する研究者並びに国際機関・自治体・NGO関係者などが集い、課題解決に向けた討議を通じて政策提言を行うことにより、アジア地域ひいては世界の均衡ある発展に資するものである。......

    [記事全文を表示]

一覧を表示する

ページ先頭へ

当研究所の最新情報やお知らせをタイムリーにお届けします。

2018年6月20日
当研究所では所員の研究発表や情報交換のための所員研究会を開催しております。 研究者向けの研究会ですが、一般の参...

続きを読む