お知らせ

NEWS

所員研究会『付加価値構造からみた日本の都道府県格差』のアーカイブ配信を開始しました

2022年12月20日(火)にオンライン開催した所員研究会のアーカイブ配信を開始しました。
動画は下記リンクからご視聴いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=zUX5J1Ri0og

テーマ:付加価値構造からみた日本の都道府県格差

要旨

 本研究は、『県民経済計算』の経済活動別県内総生産および要素所得のデータを用いて、日本の都道府県格差を、付加価値構造から分解し、その傾向を分析したものである。

 データによると、要素所得は、産出額、中間投入、県内総生産(GRDP)、固定資本減耗、県内純生産、税-補助金、県内要素所得、県内雇用者報酬、営業余剰と分類される。

 そこで、分析において、産出額格差を中間投入、県内総生産に分解し、県内総生産格差を固定資本減耗、税-補助金、県内要素所得に分解し、県内要素所得格差を県内雇用者報酬、営業余剰に分解する多重構造とした。

 簡単な結果として、日本の都道府県格差において、県内要素所得格差の占める割合が高いことが分かった。

言語:日本語

報告者:坂本 博 AGI准教授

 

更新日:2023年9月13日
カテゴリ:セミナー