日韓海峡圏のシームレスSCM直送物流による物流と産業の融合による成長戦略のための共同研究:韓国釜山新港と九州山口港地域

韓国釜山~九州・山口間における高速船による完全シームレスSCM(Supply Chain Management)物流が東アジアで自動車部品輸入において2012.10に初めて実現し、更に進展している。
東アジア・九州・山口が相互経済発展する重要成長戦略である。
シームレス物流へのバリア調査、荷主への貨物拡大調査、宅配などの新規開拓調査、トータル・ロジスティクス・コスト(TLC)の製品別経済効果および広域拡大のためEUや日中韓の先進及び具体的事例の調査・研究を行う。

研究員:藤原

 

更新日:2014年3月24日
カテゴリ:研究交流

これまでの一覧に戻る

ページ先頭へ

当研究所の最新情報やお知らせをタイムリーにお届けします。

2022年5月31日
当研究所では、所員の研究発表や意見交換のための所員研究会を開催しております。 通常は当研究所で開催しております...

続きを読む