2006年度 ICSEADセミナー

第101回(2007年3月15日)
Why Patenting in China? Some Empirical Findings from Japanese Firm Level
岡山大学経済学部教授
張 星源

第100回(2007年2月26日)
China’s Economy in the year 2007
中国社会科学院数量経済・技術経済研究所所長
汪 同三

第99回(2007年2月2日)
Can the Fall of Saving Rate Increase Chinese Urban and Rural Residents’ Demand?
江蘇省行政学院江蘇応用経済研究センター センター長
ファン ジン

Reform-Creating Regional Trade Agreements and Foreign Direct Investment: Applications for East Asia
高麗大学国際学部 教授
インウォン パク

第98回(2006年1月26日)
Korea-US FTA and the Korean Economy
ソウル国立大学国際大学院教授
テホ バク

Structural Change, Labour Markets and International Labour Migration In Post Colonial Southeast Asia
オーストラリア国立大学太平洋アジア研究学院経済学部主席研究員
クリス マニング

The Determinants of Household Saving in China: A Dynamic Panel Analysis of Provincial Data
大阪大学社会経済研究所教授
チャールズ ユウジ ホリオカ

第97回(2006年12月19日)
Scale Externalities and Industrial Location in Indonesia: Before and After the 1998 Crisis
インドネシア大学経済学部経済社会研究所主席研究員
アリ クンチョロ

 

第96回(2006年12月1日)
中国の高成長はどこまで続けられるのか:現状と展望
復旦大学経済学院教授
陳 建安

第95回(2006年11月14日)
Robust Determinants of Income Growth in the Philippines
フィリピン大学ディリマン校統計学部助教授
デニス・マパ

第94回(2006年10月10日)
Aging East Asia; Policy Responses and Regional Cooperation
九州大学大学院経済学研究院教授
木原隆司

第93回(2006年9月5日)
From Followers to Market Leaders: Asian Electronics Firms in the Global Economy
シンガポール国立大学地理学部経済地理学教授
Henry Wai-chung Yeung(ヘンリー・ヨン)

第92回(2006年8月22日)
Internal Migration and the Evolution of Urban Agglomeration in Yangtze River Delta Area
復旦大学都市・地域発展研究センター副センター長
Yuan Ren(任 遠)

第91回(2006年6月23日)
A Shift from Market-driven to Institution-driven Regionalization in East Asia
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
浦田秀次郎

Employment of MNEs in Japan: New Evidence
横浜国立大学経営学部助教授
清田耕造

第90回(2006年5月16日)
Part-time Workers Doing Full-time Work in Japan
ボンド大学経営学部教授
Noel Gaston(ノエル・ガストン)

 

更新日:2014年3月27日
カテゴリ:セミナー

これまでの一覧に戻る

ページ先頭へ

当研究所の最新情報やお知らせをタイムリーにお届けします。

2019年7月30日
当研究所では、各分野の著名な講師を招いて、国際社会の経済や産業情報、広く北九州地域の発展に寄与する情報及び経済...

続きを読む