1998年度~1999年度 アジア講座

第42回(2000年03月13日,参加者80名)
台湾はアジアの金融危機をいかに克服したか
台湾中央銀行副総裁
許嘉棟

第41回(2000年02月03日,参加者80名)
マレ-人社会の男女関係と家族
京都大学教授
坪内良博

第40回(1999年12月14日,参加者100名)
古代中国から近代西洋へ-明治日本における文明モデルの転換-
福岡女学院大学教授、東京大学名誉教授
平川祐弘

第39回(1999年11月17日,参加者150名)
世界中の人口が老齢化する-その展望と経済分析-
ペンシルベニア大学経済学部教授
Jere R.Behrman(ジェレ・R・ベールマン)

第38回(1999年10月02日,参加者300名)
激震 東洋事情
作家
深田祐介

第37回(1999年09月10日,参加者80名)
中国(環渤海経済地域)と北九州の経済と運輸
筑波大学社会工学系教授
土井正幸

第36回(1999年07月15日,参加者130名)
日本文化と道教-老荘の「いのち」の哲学-
京都大学名誉教授
福永光司

第35回(1999年06月14日,参加者100名)
東アジアの安全保障環境
防衛庁防衛研究所第一研究部長
近藤重克

第34回(1999年05月18日,参加者100名)
アジアのルネッサンス
堺市博物館館長
角山栄

第33回(1999年04月27日,参加者80名)
熱帯雨林の急減と環境問題
京都大学東南アジア研究センター教授
山田勇

 

 

第32回(1999年03月19日,参加者100名)
東アジアと日本の金融危機とその対応
東京国際大学名誉教授
篠原三代平

国際東アジア研究センター所長
市村真一

​第31回(1999年03月06日,参加者250名)

日本経済の危機とこれからの税制
千葉商科大学学長、慶応義塾大学名誉教授
加藤寛

第30回(1999年02月19日,参加者80名)
南西諸島を伝わって来た稲-<海上の道>新考-
京都大学名誉教授
渡部忠世

第29回(1998年12月18日,参加者80名)
インドネシアの政治・経済-現状と課題-
インドネシア大学名誉教授
Mohammad Sadli(モハメッド・サドリ)

第28回(1998年12月10日,参加者90名)
アジアの物流ネットワークにおける北九州市の役割
神戸大学経営学部教授
宮下國生

第27回(1998年11月20日,参加者80名)
アジア経済の現状と展望-奇跡と危機-
大阪大学大学院教授
高阪章

アジア経済研究所
国宗浩三、渡邊真理子、大野幸一

国際東アジア研究センター所長
市村真一

国際東アジア研究センター主席研究員
Eric D. Ramstetter(エリック・D・ラムステッター)

第26回(1998年11月17日,参加者90名)
日本の企業者精神の本質
大阪大学名誉教授
作道洋太郎

第25回(1998年10月04日,参加者100名)
儒教のこころ-日本人の生き方-
大阪大学名誉教授
加地伸行

第24回(1998年09月25日,参加者110名)
日本の年金はどう変わるか
大阪大学社会経済研究所所長
八田達夫

第23回(1998年07月02日,参加者110名)
邪馬台国は北九州にあった
皇學館大學名誉教授
田中卓

第22回(1998年06月24日,参加者110名)
金融ビッグバンと我々の生活
京都大学経済学部教授
吉田和男

第21回(1998年06月12日,参加者80名)
緊急討論会「アジア金融危機-その後~韓国・インドネシアの状況~」
大阪大学大学院教授
高阪章

韓国梨花女子大学校国際大学院院長
柳莊熙

国際東アジア研究センター所長
市村真一

国際東アジア研究センター研究部長
William E. James(ウィリアム・E・ジェイムス)

 

更新日:2014年3月27日
カテゴリ:セミナー

これまでの一覧に戻る

ページ先頭へ

当研究所の最新情報やお知らせをタイムリーにお届けします。

2022年4月25日
当研究所では、所員の研究発表や意見交換のための所員研究会を開催しております。 通常は当研究所で開催しております...

続きを読む