2003年度 アジア講座

第82回(2004年02月24日,参加者108名)
激変するアジア情勢のなかの中国と日本の国家戦略
-日本に真剣勝負を促す10の要因-
国際東アジア研究センタ-顧問
市村真一

第81回(2004年01月20日,参加者100名)
大変革期を迎えた半導体産業
北九州産業学術推進機構ヒュ-マンテクノクラスタ-推進センタ-長
影山隆雄

第80回(2003年11月28日,参加者101名)
中小企業のグロ-バル経済への挑戦-東アジア地域における企業戦略-
一橋大学教授
関満博

国際東アジア研究センタ-所長
山下彰一

第79回(2003年11月18日,参加者120名)
韓国はいかにして金融危機を乗り越えたか
元韓国財政経済大臣
李憲宰

第78回(2003年10月08日,参加者95名)
米国の鉄鋼セ-フガ-ド措置が日中韓台に与える影響
国際東アジア研究センタ-主席研究員
利博友

第77回(2003年09月24日,参加者75名)
中国との関係で見た東南アジア経済
北九州市立大学国際環境工学部教授
吉原久仁夫

第76回(2003年07月14日,参加者105名)
最近の中国情勢と上海からみた日本
-新指導部の経済路線と中国ビジネス展望-
日本貿易振興会(JETRO)上海センタ-所長
丸屋豊二郎

第75回(2003年06月05日,参加者85名)
台頭する東アジアの地域主義と日本
ハワイ大学名誉教授 イ-スト・ウェストセンタ-特別顧問
Seiji Naya (ナヤ・セイジ)

第74回(2003年05月09日,参加者80名)
東アジア経済の趨勢と展望
日本貿易振興会アジア経済研究所開発研究部長
樋田満

国際東アジア研究センタ-研究部長
Eric D. Ramstetter(エリック・D・ラムステッタ-)

第73回(2003年04月18日,参加者85名)
東アジアの多核化と九州の将来-空間経済学の視点からの考察-
京都大学経済研究所教授
藤田昌久

 

更新日:2014年3月27日
カテゴリ:セミナー

これまでの一覧に戻る

ページ先頭へ

当研究所の最新情報やお知らせをタイムリーにお届けします。

2022年4月25日
当研究所では、所員の研究発表や意見交換のための所員研究会を開催しております。 通常は当研究所で開催しております...

続きを読む