第14回成長戦略フォーラム(講師: 松石 禎己 株式会社スターフライヤー 代表取締役社長執行役員)を開催しました

☆DSC01717今回の成長戦略フォーラムは、2014年にスターフライヤー
株式会社代表取締役社長の松石禎己氏をお迎えし、「『蘇ったスターフライヤー』の中期経営戦略について」をテーマにお話いただきました。

第14回成長戦略フォーラム
2015年7月28日(火)18:00~19:00
於:ステーションホテル小倉 4階 豊饒の間
講師:松石 禎己 株式会社スターフライヤー 代表取締役社長執行役員

【概略】赤字経営だったスターフライヤーは2014年に1年で黒字化することに成功した。その主な原因は、3つである。
第1に、全社員が一丸となって黒字化に取り組んだ事
第2に、路線網の再編成を含む経営合理化
第3に、原油価格下落等の外的要因

現在の中期経営戦略の骨格は、この黒字化を端緒にして2015年から2016年にかけて成長戦略への基盤づくりをし、2017年以降に、成長率をアップさせて、その水準での持続的成長を図ることである。

???????????????????????????????

持続的な経済成長を確保するために重要なのは、カスタマーサティスファクション(CS)である。もしこれが欠けるとじわじわと収益が蝕まれ、取り返しのつかないこととなる。

CSの中でも安全の確保は最も重要である。これを損なうと一瞬にして会社の危機に陥る。

幸い、スターフライヤーは、JCSI(日本版顧客満足度指数)調査において国内航空で、6年連続第1位を保っている。

この地位を維持し、安全性の確保をするために重要なのは、スタッフが一丸となり、この企業理念に向かって、突き進むという信念を持つことである。この観点から、スタッフの自発的な提案や工夫を積極的に取り上げ、また企業としても特別な顧客サービスをすることを一体となって行うことに心を砕いている。

例えば①無料で提供する初日の出フライト②「空の日」のこどもたちと飛行機の綱引きイベント③靴磨きサービス などは全てお客様とスターフライヤーとの距離を縮めると同時に、社員のCSへの気持ちを高める狙いを持っており、イベント実行のための社員の自発的な工夫を受け入れることで、社内の一体感はますます高まりつつある。

このように2017年以降の一段と高い成長率を目指す準備は着々と進みつつある。

 

※資料のダウンロードはこちら→第14回成長戦略フォーラム配布資料(2.74MB)

 

更新日:2015年8月11日
カテゴリ:セミナー  AGIニュース

これまでの一覧に戻る

ページ先頭へ

当研究所の最新情報やお知らせをタイムリーにお届けします。

2021年10月14日
当研究所では、所員の研究発表や意見交換のための所員研究会を開催しております。 通常は当研究所で開催しております...

続きを読む