11/30(金)「財政学に関するコンファレンス」を開催いたします

AGIでは平成27年度より、慶應義塾大学経済研究所付属財政金融研究センター(旧称:一般財団法人統計研究会財政班)と共同開催で財政学に関するコンファレンスを毎年開催しており、本年度も下記日程にて開催いたします。
参加をご希望されます場合は、お電話、FAX、又は下記よりお申し込み下さい。

日時

2018年11月30日(金) 10:35~16:45

会場

ホテル・アルモニーサンク
(北九州市小倉北区大手町12-3)

発表者・内容

発表者:滝田 公一(駒澤大学)
内容:”Cooperate or Defect – A Spatial Game Approach”

発表者:赤井 伸郎(大阪大学)
内容:”Multi-Commitment of Regional Policies with Spillover and Ex Post Interregional Transfers”

発表者:金子 能宏(日本社会事業大学)
内容:「自殺防止対策の費用効果分析-都道府県別データに基づく分析」

発表者:林 正義(東京大学)
内容:”Caseworkers’ workload and bureaucratic disentitlement: Evidence from Public Assistance in Japan”

発表者:朝日 譲治(明海大学)
内容:「地方公営企業の上下水道事業-現状と課題」

発表者:八田 達夫(アジア成長研究所)
内容:”Introducing Severance Payment Systems in Japan: A Proposal for Vacancy Decontrol”

詳細 [PDFファイル]

 

更新日:2018年11月9日
カテゴリ:セミナー  AGIニュース

これまでの一覧に戻る

ページ先頭へ

当研究所の最新情報やお知らせをタイムリーにお届けします。

2018年12月04日
当研究所では所員の研究発表や情報交換のための所員研究会を開催しております。 研究者向けの研究会ですが、一般の参...

続きを読む