8/25(火)所員研究会をオンラインで開催いたします

当研究所では、所員の研究発表や意見交換のための所員研究会を開催しております。
通常は当研究所で開催しておりますが、先月に引き続き、コロナの感染拡大予防のためオンラインで開催いたします。
※詳細は以下をご参照ください。

日時

令和2年8月25日(火)14:00~15:00
※終盤は15分間程質疑応答の予定です。

参加料

無料

使用言語

発表・資料 ともに英語

講師

髙木信二氏(大阪大学名誉教授、アジア成長研究所特別教授)
【講師略歴】
1983年米国ロチェスター大学にて博士号(経済学)取得後、IMF(国際通貨基金)勤務。
1995年~大阪大学教授。2013年より大阪大学名誉教授・IMF独立評価室アシスタントディレクター。
国際経済・マクロ経済を中心とした150以上の論文・編著書を主に欧米にて公刊。
2017年~アジア成長研究所客員教授(2019年~は特別教授)。
西南学院大学客員教授兼務。

テーマ

「Assessing the Role of The IMF in Fragile States」(IMFと脆弱国家)

要旨

This paper presents an overview and assessment of the IMF’s role in countries in fragile and conflict-affected situations by drawing primarily on the findings of a recent evaluation report by the Independent Evaluation Office. The IMF is widely acknowledged to have made significant contributions to helping build core economic policy institutions, achieve macroeconomic stability, and promote macro-critical reforms in these countries. Quantitative analyses based on a “dynamic” list of fragile states suggest that the IMF’s program engagement has been positively associated with increased tax revenue, higher GDP growth, and greater official aid inflows. Even so, the IMF’s business model, focused on short-term macroeconomic stabilization, has a tendency to treat fragile states like any other country and does not always fit well with their long-term sustained development needs. The paper argues that the IMF is yet to achieve its full potential and identifies areas where effectiveness can be strengthened.
※共著:Charles Collyns 国際通貨基金(IMF)独立評価機関長、Kevin Kuruc 米国オクラホマ大学経済学部 准教授。(近日IMF及びオックスフォード大学出版より共同出版予定)

お申込み

メールにて、氏名・所属・電話番号をoffice@agi.or.jpへ送信してください。
(前日の8/24(月)にご参加用URLをメール(BCC配信)でお送りします)

お申込み締切

8/24(月)の午前中までにメール必着。

チラシ

8/25(火)所員研究会[PDFファイル]

オンラインで視聴参加するために(お願い)

アプリをあらかじめダウンロードしていただく方法(1)と、
アプリのダウンロード無しでブラウザからご参加いただく方法(2)がございます。
いずれかの方法を選択して実施してください。
※スマートフォンでのご視聴は(1)のみ可能です。

(1)アプリをダウンロードして参加
①オンライン配信アプリの「ZOOM」(無料)をお手持ちのPC,またはスマートフォンにダウンロードしてください。
ダウンロード方法はこちら

【ダウンロード】をクリックでパソコンにダウンロードができます。

zoom_dl_image01

こちらからもダウンロード可能です。
・iPhoneやiPadの場合
» ZOOMアプリダウンロード

・androidの場合
» ZOOMアプリダウンロード

②開催前日の8/24(月)にAGIより参加用URLを、お申込みいただいたアドレスへメール(BCC配信)でお送りします。

③8/25(火)の13:45~14:00の間に②のURLをクリックして開いてください。⇒『待機室』にてお待ちいただきます。

④開始時刻の14時になりましたら、こちらから一括入室を操作し講演をご視聴いただきます。
※開始後こちらからロックをかけますので、なるべく時間どおりにURLを開いてください。

⑤14:45頃~質疑応答時間の予定です。ミュート(消音)を解除いたしますので、ご質問のある方は手を挙げるか、直接お話しください。

(2)アプリをダウンロードせずに、ブラウザから参加(PCのみ)

①開催前日の8/24(月)にAGIより参加用URLを、お申込みいただいたアドレスへメール(BCC配信)でお送りします。

②8/25(火)の13:45~14:00の間に②のURLをクリックして開いてください。

③画面下部の『ブラウザから参加』(表示されていない場合は、『ここをクリック』)をクリックしてください。⇒『待機室』にてお待ちいただきます。

zoom_dl_image02

④開始時刻の14時になりましたら、こちらから一括入室を操作し講演をご視聴いただきます。
※開始後こちらからロックをかけますので、なるべく時間どおりにURLを開いてください。

⑤14:45頃~質疑応答時間の予定です。ミュート(消音)を解除いたしますので、ご質問のある方は手を挙げるか、直接お話しください。

【ご注意】

◇ 講演中はすべての参加者をミュート(消音)設定にさせていただきますが、質疑応答時間(14:45頃~15:00予定)には解除いたします。
◇ ご自身の画像(ビデオ)をあらかじめ映らないように設定したい場合は、画面左下のカメラマークに斜線が入るようにクリックしてください。
◇ ご利用になるPCやWi-Fi電波状況により、ご視聴が出来ないもしくは途中で途絶えたりすることがあるかもしれませんが、個別の対応は出来兼ねますのでご了承ください。

 

更新日:2020年8月7日
カテゴリ:セミナー  AGIニュース

これまでの一覧に戻る

ページ先頭へ

当研究所の最新情報やお知らせをタイムリーにお届けします。

2020年9月01日
当研究所では、所員の研究発表や意見交換のための所員研究会を開催しております。 通常は当研究所で開催しております...

続きを読む